« 楳図かずおさんとバックル | トップページ | 凛!とわんこ »

2011年12月21日 (水)

ごごごじはんすぎの銀座の女王

2011_200

君臨という言葉が似合います。

やはりの風格であります。

夜空で華やいでおられます。

銀座4-5-1の和光の時計塔です。

2011_203

和光は昭和22年の創立ですが

創業明治14年服部時計店の小売部門を継承する形で独立し

現在に至りました。戦前の銀座を良く知る人の間では

いまも『 銀座の服部 』と呼ばれているそうです。

創業者 服部金太郎さんは

明治25年に時計工場『 精工舎 』を設立し時計製造を開始。

大正2年日本で初めて腕時計の製造に着手

『 国産時計の父 』『 東洋の時計王 』と呼ばれ

明治28年現在の銀座4丁目交差点にあった

朝野新聞社の土地と建物を買収し増改築し

初代時計塔を設立しました。

上載画像は2代目の時計塔です。

昭和7年に建てられ『 銀座の女王 』と呼ばれたそうです。

昭和41年から おもり巻上げ式をやめ

最新クォーツに取替えられたそうです。

昭和20年1月大空襲で銀座4丁目付近が焼け野原と化しても

この銀座の女王だけは直接の被災を免れたそうです。

戦後 焼け残った女王は進駐軍に接収されPXとして使用。

接収が解かれたのは昭和27年。

それに先駆け 数寄屋橋の近く 現在のソニービルの横あたりに

仮店舗を設けて昭和22年に『 和光 』が設立されたそうです。

愛読書 講談社カルチャーブックス 銀座細見 からの情報です。

精工 SEIKO 成功の 重厚な歴史です。

ブログランキング・にほんブログ村へscissorsにほんブログ村へ~

« 楳図かずおさんとバックル | トップページ | 凛!とわんこ »

まち散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460182/43394339

この記事へのトラックバック一覧です: ごごごじはんすぎの銀座の女王:

« 楳図かずおさんとバックル | トップページ | 凛!とわんこ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日のニッポン

人気ブログランキング

BlogPeople


We Love Rolling Stones


無料ブログはココログ