武者小路実篤さん

2011年2月19日 (土)

武者小路実篤さんのお宅訪問(其の六)真理先生のコトバ

026

『 金で得られる喜びより

 金をとる不快の方が僕には大きかった 』

と語る 真理先生 こと 村野誠 さんのコトバたちです

『 怒るべき時に怒れない人は陰険になる危険がある 』

『 自分を生き甲斐ある人間にしよう そして

  自分と同じ望みを持つものと協力しよう 』

『 理屈ではなく 実感で 全心全身で

 人生を肯定出来る道をお歩き下さい 

 このことはいかなる時でも 人間が生きている限り

 可能なことであります

 それを信じて生きぬいて下さい 』

『 親切な心を自分から拒絶しない限り

  人間は何とか生きてゆくものと思っている 』

『 真心 と 真理 の力を 私は信じている 』

  今日の小説には暗い世相を描き

  人生を否定的にみた作品が多い

  時代の実相はその通りかもしれないが

  人生の美しさ 人間の善意を

  大胆に表明した作品があっていいはずで

  本書はそういう作品の典型である

  登場人物はすべて善人だが

  善人とはお人好しではなく

  自分の理想や信念に忠実な努力家であり

  こうした人物の異様な魅力を描き

  人生肯定家としての作者の頂点をなす作品 (本・後書きより)

    『 真理先生 』 武者小路実篤 著 

  人生を肯定して生きぬきたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へscissorsにほんブログ村へ~

真理先生 (新潮文庫) 友情 (新潮文庫) 愛と死 (新潮文庫) 人生論・愛について (新潮文庫) 二宮尊徳 武者小路実篤 (私の人生論)

お目出たき人 (新潮文庫) 武者小路実篤詩集 (新潮文庫)初恋 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ) 友情 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ) 無車詩集 (愛蔵版詩集シリーズ) 武者小路実篤画文集 (6冊揃) 福武書店  CD 武者小路実篤

2011年2月18日 (金)

武者小路実篤さんのお宅訪問(其の五)実篤さんスタンプ

067

東京都調布市若葉町1-8-30

武者小路実篤記念館・実篤公園 

来館・来園記念スタンプが3箇所設置されていました。

068

       実篤記念館

069

       実篤公園

046

       旧実篤邸

そして ミュージアム・グッズ

ゴッホの『 ひまわり 』のポストカードを

入れてくださった袋のスタンプがこれまた素敵なのでした。

072

この紅いスタンプなのですが

アップにしてみますね

075

   我 人間を愛す 

       愛     

  やはり 愛 ですね

  愛 と 愛 がなければですね

  『 愛しあってるかい 』

       ですね♪

 武者小路実篤さんのお宅訪問(其の六)へつづく~

  ブログランキング・にほんブログ村へscissorsにほんブログ村へ~

友情 (新潮文庫) 人生論・愛について (新潮文庫) 真理先生 (新潮文庫) 愛と死 (新潮文庫)武者小路実篤 (私の人生論) お目出たき人 (新潮文庫)

武者小路実篤詩集 (新潮文庫)初恋 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ) 友情 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ) 無車詩集 (愛蔵版詩集シリーズ) 武者小路実篤画文集 (6冊揃) 福武書店

 CD 武者小路実篤

2011年2月17日 (木)

武者小路実篤さんのお宅訪問(其の四)焼けたゴッホのひまわり

071

武者小路実篤記念館 ミュージアム・グッズ

ゴッホの『 ひまわり 』のポストカードを購入しました。

二十世紀の初め 日本でまだ知られていなかった

セザンヌやゴッホの作品の 人間的な強さ 美しさに

誰よりも早く気付いた実篤さん。

昭和11年4月 50代になって 初の海外旅行で

8ヶ月近く欧米へと旅立ちました。

数々の美術館や展覧会でみごとな作品を直接鑑賞し

マチス ピカソ ルオーといった芸術家たちと出会いました。

『 僕の今度の旅行は 知識ではなかった。

 古今東西の殊に西洋のひとりひとりの人間の魂に

 ふれる事が出来た事と思っている。

 エジプト、ギリシャから現代までの芸術的作品を通して

 僕は実にいろいろの人の本心にふれた。

 そして人間の本心にふれ得るものは又自分の本心である。

 僕は秀れた人間は皆本心で生きた人々だという事実を

 たしかめて歩いて来たようなものだ 』 ( 『 一人の男 』より )

冒頭の写真のゴッホの『 ひまわり 』は

ロダンからブロンズ作品3点を贈られたのがきっかけで

『 白樺 』の西洋近代美術館を作ろうという実篤さんたちの願いから

大正9年に神戸の実業家山本顧弥太氏によって日本にやって来ました。

しかし 昭和20年8月 戦災で焼失 ・・・

嗚呼・・・ 残念で・・・ 残念でしかたありません。

088

『 バン・ゴッホよ 燃える如き意力もつ汝よ

 汝を想う毎に 我に力わく 

 ゆきつくす處までゆく力わく  

 あゝ ゆきつくす處までゆく力わく

             満七十五歳誕生日 実篤 』

   『 バン・ゴッホ 』(1960年)

 武者小路実篤さんのお宅訪問(其の五)につづく~

ブログランキング・にほんブログ村へscissorsにほんブログ村へ~

友情 (新潮文庫) 人生論・愛について (新潮文庫) 真理先生 (新潮文庫) 愛と死 (新潮文庫) 武者小路実篤 (私の人生論)お目出たき人 (新潮文庫)

武者小路実篤詩集 (新潮文庫) 初恋 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ) 友情 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ) 無車詩集 (愛蔵版詩集シリーズ)武者小路実篤画文集 (6冊揃) 福武書店

 CD 武者小路実篤

2011年2月16日 (水)

武者小路実篤さんのお宅訪問(其の参)されど仲よき

087

『 美こそ不思議 』の書画が印刷されている

武者小路実篤記念館のチケットを購入し

いざ入館しました。

085

『 君は君 我は、我也 されど 仲よき 』

が印刷されているパンフレット。

『 生命が内に充実するものは美なり 』

と語る実篤さんは40歳の頃から絵筆をとり

一筆一筆心を込めてその美しさを表現することに

画家としての喜びを感じていたそうです。

090

明治43年(1910)

志賀直哉 有島武郎 柳宗悦 さん達と

雑誌『 白樺 』を創刊して文壇にデビューし

『 友情 』『 人生論 』『 愛と死 』『 真理先生 』

など一貫して 人生賛美 人間愛 を語り続けた実篤さん。

武者小路実篤記念館 館報 『 美愛眞 』19号には

『 白樺 』全160冊の画像が載っていました。

このような 文学 美術 演劇の他にも

大正7(1918)年 人間が人間らしく生きることができる

理想社会を目指して『 新しき村 』を提唱し

共鳴する会員とともに宮崎県児湯郡木城町石河内に

農業を中心に労働をしながら共同生活し自己を磨き 

お互いを生かしあうための実践の場を創設しました。

創設時18人だったのが一時期には50人余りの人が生活し

実篤さんも創設当時から大正14年12月の7年間にわたり

会員とともに暮らしたそうです。しかし

昭和13(1938)年にダムが建設され土地の一部が水没したため

翌年 埼玉県毛呂山町葛貫に『 東の村 』を創設し

現在『 日向新しき村 』として4人が生活し

有機農業を中心に活動を続けられているそうです。

   武者小路実篤さんのお宅訪問(其の四)につづく~

ブログランキング・にほんブログ村へscissorsにほんブログ村へ~

真理先生 (新潮文庫)  友情 (新潮文庫) 愛と死 (新潮文庫) 人生論・愛について (新潮文庫)  武者小路実篤 (私の人生論)お目出たき人 (新潮文庫)

武者小路実篤詩集 (新潮文庫) 初恋 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ)友情 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ)無車詩集 (愛蔵版詩集シリーズ)武者小路実篤画文集 (6冊揃) 福武書店

 CD 武者小路実篤

2011年2月15日 (火)

武者小路実篤さんのお宅訪問(其の弐)水のある家

078

『 水のあるところに住みたい 』

武者小路実篤さんは子供の頃からの夢をかなえ

昭和30年(1955)70歳の12月20日に

ここ調布市入間町荻野468(現在の若葉町)へと

移り住みました。

044

そして最寄駅が仙川だったため

 仙川の家 』と呼び

昭和51年(1976)4月、90歳で亡くなるまでの20年間

安子夫人とふたりだけの気兼ねない日々を過ごしました。

036

邸宅は約102㎡(30・9坪)

庭は約5000㎡(1500坪)の広さがあり

豊かな樹木と湧水に恵まれ

武蔵野の面影をとどめているこの家で 毎日

午前に原稿を執筆し

午後には書画の制作や

多くの来客の応対を日課としていました。

037

この仙川の家を自身の仕事の完成の地とし

常に前向きな姿勢で創作意欲を持ち続け

原稿を書き 書画を制作し続けることが

実篤さんの生きる証となっていたそうです。

064

この日は 旧実篤邸 公開日だったので

石像のある玄関からお邪魔し

中を拝見させていただきました。

ほんの少しだけしか

足を踏み入れることが出来ないのですが

それでも十分 実篤さん御在宅時の

残像を見せてもらうことができました。

ありがとうございました。( 内部撮影禁止 )

060

旧実篤邸の坂を上ると

053

実篤公園 

055

実篤公園の石碑がある

公園管理棟

仙川駅方面口に辿り着きました。

そしてまた今来た道を戻って

武者小路実篤記念館へと足を運びました。

041

写真タイトル 『 水のあるところ 』 

       上の池の水面 cameraimpact

    武者小路実篤さんのお宅訪問(其の参)へつづく~

ブログランキング・にほんブログ村へscissorsにほんブログ村へ~

真理先生 (新潮文庫)  友情 (新潮文庫) 愛と死 (新潮文庫) 人生論・愛について (新潮文庫)武者小路実篤 (私の人生論)お目出たき人 (新潮文庫)

武者小路実篤詩集 (新潮文庫) 初恋 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ) 友情 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ) 無車詩集 (愛蔵版詩集シリーズ)武者小路実篤画文集 (6冊揃) 福武書店

 CD 武者小路実篤

2011年2月14日 (月)

武者小路実篤さんのお宅訪問(其の壱)ときめく地下通路

002_4

ある晴れた昼下がり

武者小路実篤さんのお宅を訪問しました

京王線つつじが丘駅方面

武者小路実篤記念館口から訪問しました

006

記念館は最後にお邪魔したかったので

まずは 何が待っているのかしら・・・

とドキドキするような 

ときめく 地下通路 を潜り抜け

011

池上に設置されている

あずまや に足を運びました

019

そして 下の池 の橋を渡り

020

ちっちゃな滝を眺め

023

見事な竹林を潜り抜け

030

武者小路実篤 銅像 を拝み

031

これまた何が待っているのかしら・・・

と 別の 地下通路 を潜り抜けると

043

旧実篤邸 へと辿り着きました

  武者小路実篤さんのお宅訪問(其の弐)へつづく~

ブログランキング・にほんブログ村へscissorsにほんブログ村へ~

真理先生 (新潮文庫) 友情 (新潮文庫) 愛と死 (新潮文庫) 人生論・愛について (新潮文庫)武者小路実篤 (私の人生論)お目出たき人 (新潮文庫)

武者小路実篤詩集 (新潮文庫)    初恋 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ) 友情 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ) 無車詩集 (愛蔵版詩集シリーズ)武者小路実篤画文集 (6冊揃) 福武書店

 CD 武者小路実篤

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日のニッポン

人気ブログランキング

BlogPeople


We Love Rolling Stones


無料ブログはココログ