日本銀行金融研究所貨幣博物館見学記

2011年9月22日 (木)

日本銀行金融研究所貨幣博物館見学記Vol・3

072

1881(明治14)年 

印刷技術が進歩してきた日本は

偽造防止を目的として

日本初の人物像入りで、女性の肖像が描かれた

『 神功皇后札 じんぐうこうごうさつ 』を発行した。

070

1877(明治10)年に西南戦争が起こり

その戦争費用調達のため政府紙幣や

国立銀行紙幣が大量に発行され、紙幣の価値が下落し

激しい物価の上昇(インフレーション)が発生した。

大蔵卿松方政義 おおくらきょうまつかたまさよし は

思い切った増税と経費の節減(松方財政)によって

紙幣の回収を進め、インフレーションを収めることに成功。

松方政義はまた、お金の価値の安定を図るために

中央銀行の設立を提案。こうして

1882年(明治15)年に中央銀行として日本銀行が誕生。

その3年後の1885(明治18)年

最初の日本銀行券 『 大黒札 』 が発行される。

この銀行券は、薄い青色(偽造防止策=写真にうつりにくい)に

大黒天を描いたもので、用紙を丈夫なものにするために

コンニャクの粉を入れるなどの工夫をしたが

青色の顔料の中の鉛が、温泉地では硫化水素と化学反応を起こして

黒く変色してしまったり、コンニャクの粉が入った紙幣は

ネズミに食べられてしまうといった事例が重なり

その後改良が加えられた。 

    『 大黒札 』

    絵柄も可愛いし 

   エピソードもキュートですね ♪

物などと交換すること

値打ちを計ること

貯めること

古の時代から現在まで基本的に変わらず

この3つの働きがあるお金

お金とはイイ関係であり続けたいですね♪

    

   

ブログランキング・にほんブログ村へscissorsにほんブログ村へ~

【送料無料】日本貨幣カタログ(2011年版) 和同開珎極美品日本貨幣商協同組合鑑定書付

2011年9月21日 (水)

日本銀行金融研究所貨幣博物館見学記Vol・2

071

●708年につくられた

和同開珎の読み方については正式な記録がなく

珎 を『 寶(宝 )』の略字として『 ホウ 』とする説と

『 珍 』の異字体として『 チン 』とする説がある。

近年は『 ワドウカイチン 』と読む説が有力。

富本銭は従来、縁起物、護符などの使用目的でつくられた

絵銭だと考えられてきたが

1998年奈良県明日香村飛鳥池遺跡から出土した富本銭と

資料の調査・研究の結果 富本銭は7世紀後半の古代銭貨で

708年につくられた和同開珎より前につくられた貨幣だとみられている。

富本銭には『 民衆や国を富ませる本(もと) 』

という願いが込められている。

●私的につくられた貨幣には質の悪いものが多く

人々はそれを 鐚銭 びたぜに と呼び

質の悪い銭の受け取りを拒否し

良銭での支払いを求める 撰銭 えりぜに という行為が行われた。

時代劇などで商売人などが

『 これ以上は 鐚一文まけられね 』とか

『 鐚一文たりともやりゃしねえ! 』など

ほんの僅かな金額や価値の低いお金のことを指す表現として使われる

『 鐚 』は この 鐚銭が語源となっている。

●1588年 豊臣秀吉が最初の大判『 天正大判 』をつくる

●世界最初の紙幣は990年頃中国(北宋ほくそう

で生まれたと伝えられている。

鉄銭の引換券として商人達が発行した紙幣『交子こうし

がそれにあたる。日本の紙幣の始まりは

1600年頃、伊勢屋山田地方の商人(神職でもあった)が

銀の端数の預り証としておつりの代わりに出した紙

山田羽書はがき である。

『羽書』の名の起こりは『端書』

『端数銀貨の書付け』の当て字ではないかと言われている。

●1670年 徳川家康が銅銭を

年号『 寛永 』が銭名になった日本独自の銭銘

『 寛永通宝 』に統一し

金貨・銀貨・銭貨による三貨制度が完成する。

(様式・品位・形態・重さが統一)これによって

日本独自の貨幣体系が出来

中国銭貨を基準とした東アジア通貨圏からの離脱を意味した。

   江戸時代 徳川家康 って

   やっぱり カッコイイですね♪

     Vol・3につづく~

ブログランキング・にほんブログ村へscissorsにほんブログ村へ~

【送料無料】日本貨幣カタログ(2011年版) 和同開珎極美品日本貨幣商協同組合鑑定書付

2011年9月19日 (月)

日本銀行金融研究所貨幣博物館見学記Vol・1

056

この重厚な建物は日本橋三越から見た

明治29年(1896年2月)

日本人建築家による最初の国家的建築として

日本の建築史を見る上で極めて重要な建物

昭和49年(1974年)国の重用文化財に指定された

辰野金吾氏の設計により建築された日本銀行本館です。

今年2011年は東日本大震災福島第一原発事故による

夏場の電力事情等を踏まえて

日本銀行本店見学を7月1日~9月30日まで中止していますが

対面にある日本銀行分館

日本銀行金融研究所貨幣博物館 CURRENCY MUSEUM

は開館しているのでどれどれと見学してまいりました。

企画展 貨幣・天下統一 家康がつくったお金のしくみ 

が開催されていました。

見学し気になったこと学んだことを記載します。

067

● スタンプを押して 3種類のお金の違いを見てみよう

江戸幕府の3種のお金のコーナーで青いスタンプを押してきました。

江戸幕府は金貨(左上)銀貨(右)銭貨(左下)による

三貨制度をつくりました。

● 江戸時代 お金はどこでつくられていたのでしょうか

  大判は『 大判座 』

  大判以外の金貨(小判・一分金など)は『 金座 』

       現在の日本銀行本店がある日本橋本石町

  銀貨は『 銀座 』

       現在の銀座二丁目あたり

● 『 早起きは三文の徳 』の 三文とは

   現在にして30円~100円くらい

   『 三文の得 』と書く場合もあるが

   お金を得するという意味ではなく

   『 ご利益がある 』という意味

● 『 江戸っ子は宵越しの銭はもたねぇ 』

 これは100万人という世界最大都市の江戸に

 水を売り歩く『 水屋 』など明日からでも個人で手軽に始められる

 数多くの職業があったので

 『 今日一文もなくなっても明日稼げばよい 』ということが真相。

 ただし『 宵越しの銭 』の使い道は

 『 チップ 』だったり『 仲間に振る舞う 』ことが多く

 自分のために使うことばかりではなかったそうです。

    江戸っ子って 粋 ですね♪

       Vol・2につづく~

 

ブログランキング・にほんブログ村へscissorsにほんブログ村へ~

日本貨幣カタログ〈2011年版〉 和同開珎極美品日本貨幣商協同組合鑑定書付

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日のニッポン

人気ブログランキング

BlogPeople


We Love Rolling Stones


無料ブログはココログ